NZつづら記〜ロトルア湖の風に吹かれて

ニュージーランド北島ロトルアでB&Bを営むKIWI-RACCO(ひろ&ポール)。NZライフでの様々な思いや、四季折々の自然・風景などを綴ります。

カテゴリ:ニュージーランド・ライフ

 ニュージーランドで盛んのスポーツと言えば、ラグビーとクリケット。日本では、ラグビーはサッカーに比べてメジャーではないので「ルールがわからない」という人も多い。でも、NZの国代表チーム「オール・ブラックス」や試合前のハカ(闘いの踊り)は有名。 クリケットに ...

 コルジェット(=ズッキーニ)は、とても育てやすい野菜です。夏から秋にかけてどんどん実を付け、一株でも食べきれないくらいの収獲。スーパーで売られているくらいのサイズのうちに摘みきれず、気がつけばあっという間に野球バット並みの大きさに……。それでも、質感も ...

 庭の奥で、雨に濡れた合歓(ねむ)の花が、うつむくように雫をためている。それでふっと浮かんでくるのは、芭蕉の句。    象潟や雨に西施がねぶの花  象潟(きさかた)は現在の秋田県にかほ市にあり、江戸時代までは無数の小島が浮かぶ潟湖だったのが、1806年の地震 ...

 2月中旬。ニュージーランドでは、夏の最後の月。先週2日程まとまった雨が降った後、また盛夏の陽気に戻った。…が、確かに秋の気配も混じり始めている。スイートコーンの収獲の頃、菜園の奥まった所に生えているジャカランダの花もそろそろ終わり。 紫色の花が房になっ ...

 庭のプラムが今年も大豊作。朝食のフルーツ・サラダにしたり、友人の皆さんにもプラム刈りして持ち帰ってもらったりしても、まだまだ一杯枝に鈴なりで実っています。  ジャムを2~3瓶分作ったら、ポールが自家製アイスクリームに使って大ヒット。1リットルのアイスクリ ...

 11月5日。そろそろ本格的に初夏の陽気になっていい頃。でも、今年は、まだ周期的に天気が不安定になる。  午前中は、雷雨になるという予報の割には、真っ青な空、いい天気じゃありませんか…と思っていたら、昼過ぎからポツポツ降り出して……。 大粒の雨にしてもやた ...

 8月も終わり、今日から9月。カレンダーでは春の始まり。 つい先日までロトルアでは最低気温が0℃くらいまで下がる日が多かったので、庭仕事もつい先延ばしにしていたけど、9月半ば頃には花々が一気に咲き始める(はず!)なので、春花壇の準備に腰を上げなくちゃ!  ...

 週末になると、町のあちこちの家にオープンホームの看板が立つ。  ニュージーランドで家を買おうと計画している時は、このオープンホームを利用して、多くの家を見て回るのがいい。買うつもりはなくても、いろんな家を見るのは楽しい。 自分たちが住めるかな? 買える ...

 “ DIY  It's our DNA" ……これはニュージーランドのDIYホームセンター「Mitre10」のコピー・フレーズ。まさに、KIWI(=ニュージーランド人)は、DIYが大好き。 Mitre10やバニングスなどの大型DIYセンターは、モノ凄い規模で、工具、材料、家の各パーツ、ガーデニング ...

 水に色がある。 映した空や風景の色ではなく、水そのものに深い色がある。 空気に香りと味がある。 呼吸(いき)をするたびに,身体が満たされる芳醇な香りと味がある。 ニュージーランドで暮らしていて、いつもそう感じる。   水が豊富で美味しい・空気が澄んでいて ...

 ニュージーランドで住む家を選ぶのに、賃貸で住むか、持ち家を購入するか,その手続きは大違い。 家を買うのは大きな大きな買物だから、日本でもどこの国でも簡単ではないけど、日本の場合は不動産さんがお金のやり取り以外のほとんど全部やってくれる。NZの場合は、不動 ...

 「どうしてロトルアに住もうと決めたのですか?」……よく聞かれる質問。 ポールの実家はオークランドのノースショア市カスターベイにあって、ロトルアには誰も知り合いは無かった。ポールの生まれた所はウェリントンの近くのローアーハットという所で、高校時代もウェリ ...

 2014年6月4日、冬の初めのロトルアはポカポカと穏やかな1日。もうすぐ最後の陽が山陰に隠れてしまう際に、向こうの山並みが微妙な光線と色彩の縞になって、ちょっとセンチメンタルな気分をかきたてる。 6月4日……って、何かの日だったよね〜。何の記念日? あ ...

↑このページのトップヘ